家 本 政明。 【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

「人違い退場」事件後に気付いた「やめること」の大切さ “日本一嫌われた”家本政明が綴る審判人生

政明 家 本

😀 「子供たちがいたからなんとかしないと!」とタツも僕の師匠もそう思ってね。 そしてみんなでこの試合を楽しむ。 更にその後副審との協議の結果、当の上本にもこの試合2枚目のイエローカードを提示して退場処分とした。

日本を代表する審判・家本政明氏、体の使い方を学んだ“師匠”との出会い

政明 家 本

🤗 正当なジャッジを志しながらも、勝利を揺るがした判定や退場者を誤ったミスジャッジにより、時に罵声を浴びながら、たった1つの笛と共にその仕事に向き合ってきた。 小学3年から続けてきたサッカーなので、正直、目の前が真っ暗になりました。 「なんでオレばかりなんだ……」「どうして勝手なことばかり言わせて、判定が正しいことを公にしないんだ……」「家族まで巻き込まれているのに、誰も守ってくれないなんて……」 この一件で誰を、何を信じていいのか全くわからなくなった僕は、人に対して完全に心を閉ざし、誰からの連絡も完全にシャットアウトし、人との交わりを断ちました。

名主審?迷主審?ある意味凄い家本政明主審

政明 家 本

♨ だって、世界はとてつもなく広いですし、自分を受け入れてくれる人や文化、自分が輝ける場所や世界は絶対にあるんです。 ただ、クラブ側の事情もあり、あまり審判に重きを置けない状況でもあったんです。 僕がプレーヤーだったときは、全体を理解したり、人やチームを動かしたり、まとめたりするポジションが好きでした。

19

家本 政明

政明 家 本

💕 それならば審判を選んで、できるだけ高く広い世界を見にいってみようと決意しました」 サッカーの試合を構成する上で、重要な役割を担う「審判」。 大学卒業後に飛び込んだ「サッカービジネス」の世界は、とても面白くやりがいを感じていたものの、「審判をもっとうまくなりたい。 19歳のときに始めた審判活動も、今シーズンで29年目を迎えます。

19

【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

政明 家 本

🤚 もちろん自分が未熟だからそうなっただけなので当然の報いです。 ですので、妻のことは本当にすごいなと、心から尊敬しています。 に国際審判員を引退したが国内のなどで引き続きプロフェッショナルレフェリーとして活動。

「人違い退場」事件後に気付いた「やめること」の大切さ “日本一嫌われた”家本政明が綴る審判人生

政明 家 本

👈 公平・公正・公明という「聖人」が持ち合わせるような「3大美学」が審判には求められているわけで、だからどちらかには絶対に寄れないですよ。

15

小鳥さん救出の舞台裏(番外編)|いえぽん@日本で1番ワクワクする試合を創るプロ審判|note

政明 家 本

⌛ 経験則だけじゃなく、普遍的な学があるのが重要だと思います。 名古屋の選手たちに聞いても「いや、覚えてないです」。

家本政明氏「審判も生活をかけている」半永久追放の1戦から、サッカー国際主審になるまで

政明 家 本

☮ 3つ目は「競技規則」に囚われ過ぎて柔軟さが足りなかったことです。

1