ひし もち。 天徳内裏歌合

天徳内裏歌合

もち ひし

✇ 『』第7巻():コミックだが伝えられている歌合の経緯が詳細に描かれている。 判者(はんじゃ:勝敗を決める役)は、その補佐に(たかあきら)、(こうじ:歌を読み上げる役)は左方・、右方・、方人(かたうど;応援する役)にはたちが左右に分かれ、それぞれ左方は(朱)、右方は(緑)を基調に衣裳を揃えるなど趣向を凝らしたものであったという。 その間、左右の講師はずっと歌を読み上げ続けていた。

5

天徳内裏歌合

もち ひし

☏ 歌合のあと管弦の遊びが催され、退出は翌朝のことであった。 。

13

天徳内裏歌合

もち ひし

⚔ 忠見の悶死 [ ] 二十番の勝負において判者の実頼は優劣を付けられず、持にしようとしたが、帝から勝敗を付けるようにとの仰せがあった。 概要 [ ] 歌題の提示から当日まで1ヶ月の期間をおき、進め方や左右双方の衣裳、歌を書いたを置く州浜(入り江などをかたどった飾り台)にいたるまで周到に準備されたもので、その典雅さなどで後世の歌合の手本となった。 恋 左:壬生忠見 こひすてふわがなはまだきたちにけりひとしれずこそおもひそめしか 右:平兼盛(勝) しのぶれどいろに出でにけりわがこひはものやおもふとひとのとふまで 逸話 [ ] 博雅の読み違え [ ] 三番の鶯の歌のとき、右方の講師であるは誤って四番の柳の歌を読み上げてしまった。

天徳内裏歌合

もち ひし

😁。 。

拾遺和歌集/巻第一

もち ひし

🙄。 。

9

拾遺和歌集/巻第一

もち ひし

💖。

13

天徳内裏歌合

もち ひし

🤛。 。

天徳内裏歌合

もち ひし

👌。

19

拾遺和歌集/巻第一

もち ひし

👈。 。 。

12