論語 と 算盤。 「論語と算盤」とSDGs【渋沢栄一が描いた世界】|yawaraishi|note

渋沢栄一『論語と算盤』はなぜビジネスマンに読み継がれるのか?

算盤 論語 と

😜 時代は、『論語』から『論語と算盤』、そして今『論語と算盤』から『SDGs』へと次なる位相の時代を迎えているといえよう。 また本文の現代語も読みやすくて、お勧めです。 誠心誠意やっていれば、不正などは起きるはずはないと渋沢は断言しています。

2

『論語と算盤』から読み解く、渋沢栄一が日本経済に残したかった2つのこと │ ズーム ブログ

算盤 論語 と

🚀 六百社近くの起業に関与し、実業の側から近代日本を作ってきた一人である。

[感想]論語と算盤[渋沢栄一] 商売と道徳を両立させるという考え方。

算盤 論語 と

⚡ このように、昔から私たちも散々言われてきた教えとなんら変わりません。 皆さん、渋沢栄一ってご存知でしょうか? 渋沢栄一といえば、 2024年から新1万円冊に肖像が使用され、来年の NHK大河ドラマ「青天を衝け(せいてんをつけ)」で主人公として描かれることが決まっているなど、現在時の人となっております。 論語に触れられる 「論語を読んでみたいけど、 難しそうだからなー」 と立ち止まっている人は、 ぜひ「論語と算盤」で論語に触れましょう。

17

『論語と算盤』から読み解く、渋沢栄一が日本経済に残したかった2つのこと │ ズーム ブログ

算盤 論語 と

🖐 渋沢は論語を、実業を行う上での規範とした。

3

『論語と算盤』から読み解く、渋沢栄一が日本経済に残したかった2つのこと │ ズーム ブログ

算盤 論語 と

💓 SDGsには壮大な「と」の力が問われています。 正しい利益によって国は豊かになり、 正しい利益だからこそ永続できる。

【図解:3分で解説】「渋沢栄一:論語と算盤」まとめと感想

算盤 論語 と

☢ 渋沢栄一は決して資本主義を否定しているわけではない。 また、もっと恐ろしいことも書かれていて 「人から欲しいものを 奪い取らないと満足できなくなる」とあります。 本書を読めばこの主張に納得できると思います。

「論語と算盤」とSDGs【渋沢栄一が描いた世界】|yawaraishi|note

算盤 論語 と

🐾 競うからこそ励みも生まれてくる。 私利私欲、損得勘定で動いているから、集団不正にまで発展するということです。

5